【夢のスワップ生活♪】スイングトレードは投資としてどうよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
スイング トレード

「やればできる!今日からあなたも不労労働!」

「スイングトレードやればスワップポイントだけで生活出来ちゃうかもよ!」

こんな煽り文句、聞いたこともありました。

正直働かなくても良いだなんて話は、ヒール10cmのシークレットブーツを履いている程度には盛りすぎている話かもしれませんが、実際に「スワップうはうは超ウマー!」なんて喜んでいるFXフレの話は聞いたことがあります。

過去に、投資としてのデイトレについて紹介しましたが(「デイトレって儲かるの?投資を選ぶ際に考えるべき大切なこと」を参照してください)、では中長期投資の定番スタイルであるスイングトレードではぶっちゃけどうなんでしょうか?

今回はスイングトレードは本当に儲かるのかどうか、はたまた儲かるには何を気をつければよいのか、少し考えてみたいと思います。

スイングトレードとは

スイングトレードとはまず初めにスイングトレードとは、簡単に説明すると中長期の間ポジションを保有することで、為替差益とスワップポイントで利益を頂こうというトレードスタイルのことです。

スイングトレードをするためには、スワップポイントを理解することが重要になってきます。

為替差益とスワップポイントについては、過去記事(FXの2本柱、為替差益とスワップポイントとは!)にて詳しく説明していますので、まずはそちらをご一読ください。

中長期運用(スイングトレード)の期間

いつものように定義的なところからいきたいと思いますが、正直今回はどれくらいの期間から中期、長期というのは特に設けていません。

ただ、中長期運用の考え方としてはある程度「お金の流動性を失っても構わない方」や「リスクを大きく取りたくない方」が適しているかと思います。

お金の流動性について

スイングトレード 流動性お金の流動性については前回でも少し触れましたが、流動性が必要であれば短期的に売買をし、利益を小刻みに確定させ入出金を繰り返した方がよいかと思います。

もちろん売買の頻度が増えるということはそれだけリスクが大きくなりますし、塩漬けになってしまうと流動性は失われます。

そもそも流動性とは、短期で動くお金のことです。

短期で動くお金・・・すぐに使えるようにしたいということは、投資資金という目的のお金である以上、本来は通常使うお金とは切り離されたものであることが前提です。

言い換えると流動性(とリスク)を担保にして利益を得ている訳ですが、そうは言っても出来るのであれば少しでも流動性が高い方がいいですよね。

中長期運用の比較対象

スワップ生活 夢中期を仮に数ヶ月~半年単位と仮定すると、他の投資でこの期間で利回りが出るものは少ないと思いますので、FXは比較的優位性があるのではないかと思います。

数年から10年単位となった場合でも利回りとリスクのバランスは比較的高いと、個人的には思っています。

但しここで当たり前の事ですが、基本的な事を書いておきます。

「不労所得だけで食べていこう」と思った場合、とてつもない金額の元手が必要です。

株の配当や不動産の利回りも同様で、比較的リスクが低い銀行の預金金利が低いからこそそれ以上の利回りを求めてリスクも承知で運用を行うというのがベースとなっています。

そのため、「元手が2倍」などといった投資はそれ相応のリスクがあるという事も知っておいた方が良いでしょう。

以前、「株の配当金や株主優待をフルに使って生活する」と言っていた友人は、そのために必要な株券購入額を計算し、早々に挫折していました(笑)

私もミニ株の株主優待などに興味を覚えたことはありますが、やはり欲しい優待はミニ株であっても簡単には手が出せない金額でしたので、「世間はそう甘くないのだな」と痛感しました。

FXにおける中長期(スイングトレード)運用について

スイングトレード 運用過去のデイトレ記事で書いたように、銀行預金の利息は年0.001%や定期預金でも0.1%というレベルでした。

ですので、これを上回る利息であれば銀行に預けるよりもメリットがあるという事になります。

そして利息が高いという事は、当然銀行預金に比べればリスクがあるという事です。

そのリスクを正確に認識して、自分なりに「これだったらOK」と思えるのであれば投資を行うという算段です。

しかしFXにおけるスイングトレードで行う投資は、運用といってもこのように難しいものではありません。

例えば、メインバンクを選ぶ際、定期預金を組む際、保険会社を選ぶ際、金利や各種条件の比較検討をしていると思います。

少し考えるべき要素は多くなるかもしれませんが、それと同様にメリット・デメリットを正確に理解し、自身で判断するというのが投資です。

スワップポイントについて

スイングトレード ニューヨーク時間FXにおけるスイングトレードのメリットは、言うまでもなくスワップポイントです。

スワップポイントについては、別な記事でも詳しく説明していますが、簡単に言うと2国間の金利差です。

そこに各国の情勢を加味して、各投資会社が設定したポイントがスワップポイントです。

スワップポイントはポジションを保持しているだけで発生します。

(正確には、「ニューヨーククローズ」というニューヨーク市場が閉まる時間を跨いで持っていると日々発生していきます。)

そして、スワップポイントのメリットは日毎に設定されているという事です。

スワップカレンダーの見方

具体的に見ていきましょう。

例えば、下の<写真1>がトルコリラ円のスワップカレンダーです。

このように、余程の経済的な大事件が起きない限り、スワップポイントは事前に決まっています。

なお、このスワップカレンダーは各社オープンのものですので、いつでも確認できます。

スワップポイントがどのくらいつくか、また付与タイミング等、ルールは取引会社によって異なりますので、よく確認しておいた方が無難です。

<写真1>

スワップカレンダー1

売りと買いのスワップポイント

先程のカレンダーをもう一度見てもらうと、ここでポイントなのは「売り」と「買い」の所です。

例えば、4/3の「売り」は「-240」、「買い」は「180」となっています。

FXの売買は「安いときに買って、高くなったら売る」、「高いときに売って、安くなったら買い戻す」の2通りしかありません。

細かい事を言い出すと他にもあるのですが、基本はこの2つです。

そして、このとき「買う」か「売る」どちらかだけを持っている状態が「ポジション保持」と言い、この「ポジションを保持」しながらNYクローズを跨ぐと上記スワップポイントが付与されます。

そして、最終的に保持しているポジションを決済(買いで持ってるなら売り、売りなら買い)したときに、最終的な損益が確定します。

トルコリラ円の例

さて、もう一度先ほどのトルコリラ円のスワップポイントに戻ってみましょう。

「買い」で保持していると、180でした。

これ、180の単位は何なのでしょう?

スワップカレンダーに書いていますが、単位は「円」です!

少しずつボルテージが高まっているかと思いますが、ここは落ち着いて見ていきましょう。

では、いくら「買い」で保持していると180円なのか。

ここで見て頂きたいのが下にある<写真2>の赤線部です。

「1万通貨あたり」となっています。

「1万円で180円かぁ、1.8%。結構いいね。」と思った方。

惜しいですが、実はそうではありません。

「1万通貨」の単位は「トルコリラ円」のため、トルコリラでの1万通貨分となります。

「じゃあ、トルコリラっていくらなの?」という方、執筆時現在で「買い」で1トルコリラあたり29.85円です。

ここで「30万円くらいで180円じゃ割に合わないよ」と思った方、大分分かってきましたね。

しかし、FXの本領はここからです。

FXではレバレッジをかけて、投資資金の数倍の取引が出来ることは過去の記事(デイトレって儲かるの?投資を選ぶ際に考えるべき大切なこと)にて紹介しましたが、例えばレバレッジ25倍の場合、298,5000円の1/25、つまり11.940円となります。

さらに言うと取引会社によっては1万通貨ではなく、1000通貨単位から取引が可能な所もありますので、その場合は全てが1/10となってしまいますが、当然スワップポイントも付きます。

そしてこのスワップポイント、年や月ではないのです!

付与される単位は日々という事も忘れてはなりません。

ここでは分かりやすい例として、特にスワップポイントが高いトルコリラ円を例に上げていますが、トルコリラ円を扱っているFX取引会社はそれほど多くはありませんので注意してくださいね。

またスワップポイントが高いというのは、それだけ相場が急変するリスクがあるということなので、経済的な要素だけでなく政治的な要因も絡んできます。

そして、写真1にもある通り、4/3は「付与日数」が「3」となっています。

これは土日の分を月曜日と合わせているためです。

さらに先述の通り付与タイミングには各社のルールがあり、「最終的な精算は保持ポジション決済時」に相場自体のプラスマイナスと合算で精算というパターンが多いので、こちらも注意が必要です。

<写真2>

スワップカレンダー2

スイングトレードのリスク

スイングトレード リスクさて、ここまでメリットの方を中心に話してきましたが、リスクの方も紹介していきたいと思います。

まず当然ですが、相場変動のリスク。

運用の期間に関わらず、2国間の為替取引であるFXは必ずこれはつきものです。

しかし相場が急変しただけでは、所持しているポジションは決済されません。

時価評価額的に一時的に大きな損失が出たとしても、決済しなければその損失はまだ確定していないということになりますが、FXは常に「証拠金」に対して時価評価がどうか?が重要となっており、この証拠金が時価評価によって大きくマイナスになると強制決済されてしまいます。

これが過去記事(デイトレって儲かるの?投資を選ぶ際に考えるべき大切なこと)でも詳しく書きましたが、全世界のFXトレーダーを震え上がらせている「ロスカット」です。

スイングトレード運用におけるロスカット回避

スイングトレード ゆとりのある資金ロスカットの回避方法そのものは、過去記事(デイトレって儲かるの?投資を選ぶ際に考えるべき大切なこと)で書いた通りです。

ただスイングトレードされる方は、「なるべく放っておいて、ふとしたときにスワップポイントを確認してほくそ笑みたい」と思っている方も多いかと思います。

そのための方法はいたって単純!

「とにかく証拠金を多く入れておくという事」

これしか危険回避の手段はありません。

中長期の資金運用を目的としていますから、多少以上の価格変動に耐えられる体力がないと話になりませんからね。

取引に必要な「必要証拠金」は、NYクローズ毎に日毎変動しますので、ざっと見積もって2倍~3倍くらいの余剰を残しておけば、チャートの変動に右往左往する事は滅多になくなるかと思います。

但し特にスワップポイントが高い通貨ペアは変動リスクが高いため、定期的にチェックしておく方がよいかと思います。

また定期預金のように満期はありません。

そのため決済して出金しようとしているときの相場状況によっては、せっかく貯めたスワップポイントを減らしてしまう、

あるいは最悪マイナスに転じてしまうこともあるかもしれません。

長期保有のスイングトレードであっても、ある程度「利益がここまでいったら利益確定」といったことは事前に決めておくのが無難でしょう。

まとめ

ということで、今回はスイングトレードについて書いてきました。

スイングトレードはデイトレードに比べて投資資金により余裕が必要ですが、リスクとリターンのバランスはかなりいいのではないかと個人的には思います。

繰り返しになりますが、両目をしっかりと見開き、メリットとリスクを隅々まで確認し、投資方法、投資会社等色々と比較検討され、自身が納得された形で投資を行ってもらえればと思います。

初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX GMOクリック証券 iサイクル
初心者向き! デイトレ向き!低コスト 中長期売買で金利収入 自動売買でプロのようにFX
外為オンライン DMMFX GMOクリック証券 iサイクル

FX口座数 国内第1位! 皆が選ぶ「DMMFX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
DMMFX

DMMFXはFX口座数 国内第1位!

の超人気会社で50万人以上が口座を開設しています。

全ての通貨ペアでスプレッドが業界最狭水準として有名で、デイトレやスキャルピングをするトレーダーに大人気です。

使いやすいシステムが人気で初心者でも簡単に使いこなせる上に、プロもうなる分析ツール、為替情報が充実しています。

営業日の24時間安心サポートなど、FX初心者に嬉しいサポート体制が充実しているのも特徴です。

FX初心者に特にお勧めのFX会社で、少額でFXを試してみるのに最適です。

円のキャッシュバックは、非常に簡単な条件で貰えるので必ず貰うことをお勧め致します。

DMMFX

4千円からの投資! 初心者にお勧め「外為オンライン」

kd7+x4
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
89d3sja

外為オンラインはオリコンランキングでも常連の超人気会社です。

FX初心者の登竜門的なFXで、初心者セミナーや、はじめての方にも使いやすいツールが選ばれている秘訣でしょう!

未経験者も簡単に使いこなせるシンプルさと上級者が求める機能をバランスよく搭載しています。

ディールスコープという他人のポジションを覗く方法で勝率アップも図れます。

特にスワップポイント(貰える金利)が高く、長期売買に適しています。

FX初心者に特にお勧めのFX会社です。

3m1x9

FX取引高 世界第1位! デイトレなら「GMOクリック証券」

6khdg7z
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
1n9sg
GMOクリック証券は全通貨最安水準のスプレッドを提供するFX会社で、取引高も世界第1位と非常に多く安定しています。

低スプレッド(低コスト)、高スワップ(高金利)で非常に人気があります。

使いやすいシステム、24時間電話サポート等が顧客の支持を集め、オリコンランキングでも常に高い順位です。

短期売買に最も適したFX会社で、低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券が一番お勧めです。

s2gz44

ドル/円のスプレッド銭!4千円からFXができる「マネックスFX」

マネックスFX
スプレッド
(ドル/円)
スワップ
(豪ドル/円)
キャッシュバック 詳 細
マネックスFX
マネックスFXは東証一部上場グループであるマネックス証券が運営しています。

創業18年の実績もあり、安心・安全な取引が可能です。

株の取引で培った技術力を活かし、初心者でも使いやすいシステム、資産管理ツールや各種セミナー、取引サポートが充実しています。

通常の最低取引量の1/10の1000通貨で取引ができ、約4千円からFXをできるのも初心者には嬉しい部分です。

また、ドル/円の低スプレッドで取引できるのも人気の高い理由です。

スワップポイント(貰える金利)も業界最高水準で、長期売買に適しています。

FX初心者からプロトレーダーまで全ての方にお勧めのFX会社です。
マネックスFX


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Facebook・Twitter・RSSでも記事を読めます。