FXのスワップ計算式と運用前に知っておくべき3つの注意点

この記事で解決できる悩み

  • スワップ運用でどれくらい利益を出せるの?
  • スワップポイントの計算方法が知りたい
  • スワップ運用するのにおすすめのFX会社はどこなの?

この記事では、上記のような悩みを解決できます。

スワップ運用をするうえで、事前のシミュレーションは大切です。

この記事で紹介するスワップポイントの計算式を使うと、簡単にシミュレーションができるので、どのようにシミュレーションをすればいいのかわからない方も安心ですよ。

この記事を読み、しっかりとスワップ運用の計画を立ててから運用を始めましょう

それでは早速、FXのスワップポイントの計算式から紹介していきましょう。

FXスワップポイント計算方法

スワップポイントの計算式は以下のとおりです。

計算式

  • 為替レート×保有通貨数量×金利差=1年間のスワップポイント
  • 1年間のスワップポイント÷365日=1日あたりのスワップポイント

ここで注意が必要なのは、金利差の単位が%という点です。

つまり、金利差が1%と仮定すると「×1%」=「×1÷100」となります。

計算式だけでは判りにくいため、具体的な数値を使って計算してみましょう。

計算するのは次の4つの通貨ペアのスワップポイントです。

見出し

  • ケース1:豪ドル円
  • ケース2:南アフリカランド円
  • ケース3:トルコリラ円
  • ケース4:メキシコペソ円
それでは順番に計算していきましょう

ケース1:豪ドル円

以下の条件で計算します。

見出し

  • 為替レート:1豪ドル円=71円
  • 保有通貨数量:1万豪ドル
  • 政策金利:日本=-0.1%、豪州=0.50%

※2020年3月の数値

これらの数値を先ほどの計算式に当てはめると、

1年間のスワップポイント=71円×1万豪ドル×(0.50%+0.1%)=4,260
1日あたりのスワップポイント=4,260円÷365日≒11.6

となります。

つまり1万豪ドルを保有すれば1日あたり約11.6円のスワップポイントが付与され、1年間保有し続ければ4,260円の利益になります。

ケース2:南アフリカランド円

以下の条件で計算します。

見出し

  • 為替レート:1南アフリカランド円=7.3円
  • 保有通貨数量:10万南アフリカランド
  • 政策金利:日本=0.1%、南アフリカ=6.5%

※2019年11月の数値

これらの数値を先ほどの計算式に当てはめると、

1年間のスワップポイント=7.3円×10万南アフリカランド×(6.5%+0.1%)=48,180
1日あたりのスワップポイント=48,180円÷365日≒132円

となります。

つまり10万南アフリカランドを保有すれば1日あたり約132円のスワップポイントが付与され、1年間保有し続ければ約48,180円の利益になります。

ケース3:トルコリラ円

以下の条件で計算します。

見出し

  • 為替レート:1トルコリラ円=19円
  • 保有通貨数量:1万トルコリラ
  • 政策金利:日本=-0.1%、トルコ=14.00%

※2019年11月の数値

これらの数値を先ほどの計算式に当てはめると、

1年間のスワップポイント=19円×1万トルコリラ×(14.00%+0.1%)=26,790
1日あたりのスワップポイント=26,790円÷365日≒73.4円

となります。

つまり1万トルコリラを保有すれば1日あたり約73.4円のスワップポイントが付与され、1年間保有し続ければ約26,790円の利益になります。

ケース4:メキシコペソ円

以下の条件で計算します。

見出し

  • 為替レート:1メキシコペソ=5.7円
  • 保有通貨数量:10万メキシコペソ
  • 政策金利:日本=-0.1%、メキシコ=7.75%

※2019年11月の数値

これらの数値を先ほどの計算式に当てはめると、

1年間のスワップポイント=5.7円×10万メキシコペソ×(7.75%+0.1%)=44,745
1日あたりのスワップポイント=44,745円÷365日≒122.6円

となります。

つまり10万メキシコペソを保有すれば1日あたり約122.6円のスワップポイントが付与され、1年間保有し続ければ約44,745円の利益になります。

スワップ運用するときの注意点3つ

初心者は以下の3つの注意点を知っておかないと、スワップ運用で損する可能性があります。

注意ポイント

  • スワップポイントを支払うケースがある
  • スワップポイントは各FX会社で違う
  • スワップポイントは日々変動する

それぞれの注意点について、以下で詳しくみていきましょう。

注意点1:スワップポイントを支払うケースがある

通貨ペアのポジションを売り買いどちらにするかで、スワップポイントがマイナスになる場合があります

その場合スワップポイントを毎日支払うことになるので要注意です。

具体的には「高金利通貨で低金利通貨を購入」した場合が該当します。その際に支払うこととなるスワップは、先ほど説明した計算方法で算出できます。

また、各FX会社がスワップカレンダーを提供しているので、そちらでも確認できます。

注意点2:スワップポイントは各FX会社で違う

FX会社によっては、同じ通貨ペアでもスワップポイントが違うので注意しましょう。

これを知らずにスワップポイントが低いFX会社で運用すると、収益が少なくて非効率になります。

そのため、スワップ運用でより多くの利益を上げたいなら、取引対象の通貨ペアのスワップポイントが他社より高いFX会社を選ぶと良いです。

通貨別のFX会社のスワップランキングはこちらの記事で確認できますよ
スワップ運用の3つ準備と6つの通貨ペア別FX会社ランキング
この記事で解決できる悩み スワップが高いFX会社のランキングが知りたい 通貨ペアごとにどのFX会社のスワップが高いのか知りたい 各FX会社の最新のスワップポイントが知りたい この記事では、こんな悩みを ...

続きを見る

注意点3:スワップポイントは日々変動する

スワップポイントは日々変動するので、そのことを知らないと予定していたスワップ利益との違いが発生します。

とくにスワップポイントがプラスからマイナスになると、スワップポイントがもらえるどころか支払うことになるので注意が必要です。

そのため、長期のスワップ運用だからとポジションを放置せずに、口座開設したFX会社のスワップカレンダーで定期的にチェックすることが大切ですよ。

FX会社別スワップカレンダー

下の表の社名部分からそれぞれの会社のスワップポイントカレンダーにアクセスできますよ。

No.
FX会社名
No.
FX会社名
1
外為オンライン
9
ヒロセ通商
2
YJFX!
10
FXプライムbyGMO
3
DMMFX
11
MoneyPartners
4
GMOクリック証券
12
トライオートFX
5
FXブロードネット
13
MATRIX TRADER
6
SBI FXトレード
14
セントラル証券
7
外為ジャパン
15
アイネット証券
8
シストレ24
16
FXTF

通貨ペア別のオススメFX会社4社

スワップ運用の計算方法や注意点を知っていただいたところで、取引スタイル別のオススメ通貨ペアとFX会社を紹介します。

紹介する取引スタイルは次の4つです。

見出し

それぞれの通貨ペアとFX会社の特徴について、下記で詳しくみていきましょう。

取引スタイル1:リスクを下げたいなら米ドルや豪ドル

米ドル円豪ドル円といったメジャー通貨なら、為替変動が比較的少ないです。

また、この2つの通貨はメジャー通貨の中でもスワップポイントが比較的高いので、リスクを抑えてスワップ運用をするのにおすすめの通貨ペアです。

ただし、月に一度発表されるアメリカの雇用統計や、RBA(オーストラリア準備銀行)の要人発言や政策金利の発表時には為替レートが大きく動くことがあるので要注意です。

米ドルと豪ドルについてはこちらの記事でそれぞれ詳しく解説していますよ
米ドルスワップ
米ドル円のスワップ運用が人気の理由4つとおすすめFX会社
この記事で解決できる悩み 「米ドルがスワップ運用に適しているって本当?」 「スワップはどれくらいもらえる?」 「おすすめのFX会社ってどこだろう?」 という方の悩みを解決できる記事になっています。 こ ...

続きを見る

豪ドルの政策金利は?
【豪ドルの金利が高い理由とは?】オーストラリアの政策金利について詳しく解説
先進国でも政策金利が高い豪ドル、なぜ金利が高いのかあなたは知っていますか?この記事では豪ドルの政策金利が高い3つの理由と2019年の今後の見通しをお伝えします。スワップポイント狙いで取引をするなら為替変動に気を付けましょう。FXではスワップポイントはおまけと考えてください。

続きを見る

米ドルや豪ドルの取引にオススメ:YJFX!

YJFX!はネット大手ヤフーグループが運営するFX会社で、取引環境が安定しているのが特徴です。

シンプルで見やすい画面配置で取引ツールの使い勝手が良いとの定評もあります。

さらに最低取引単位が1,000通貨なので、約4,000円という少額でスワップ運用を始めたい人にもおすすめです。

取引スタイル2:高いスワップを狙うならトルコリラ

為替変動による損失のリスクがあるものの、よりスワップが高い通貨で運用したい人は新興国通貨であるトルコリラがおすすめです。

トルコリラは政策金利が8.25%(2020年6月現在)と高水準なので、高いスワップ利益が得られる通貨として人気があります。

2020年のトルコリラの見通しについてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
複数アナリストの見解からみる2019年トルコリラの見通し
トルコリラ(fx)は今後どこまで下がる?2020年長期見通し紹介
「本当にトルコリラで取引しても大丈夫なの?」そんな疑問を、複数アナリストの見解を交えながら解消していきます。人気のトルコリラですが、買い時を間違えると大きな損失を出す恐れがあります。この記事では為替変動に関わる要因や今後の見通しを解説します。

続きを見る

トルコリラの取引にオススメ:GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券はトルコリラ円を取り扱っていて、取引高が8年連続国内第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1月~2019年12月)で人気のFX会社です。

GMOインターネットグループのネット証券会社で、トルコリラ円のスプレッドが1.7銭原則固定という業界最狭水準であることや入出金の利便性に優れています。

パソコン・スマホともに取引ツールが充実していて、初心者から上級者まで納得のFX会社となっています。

取引スタイル3:取り扱いが多いマイナー通貨なら南アフリカランド

マイナー通貨の中でも、南アフリカランドは多くのFX会社で取り扱われています。

幅広いFX会社の中から取引する会社を選び、かつマイナー通貨で高スワップを狙いたい人は、南アフリカランドでスワップ利益を狙うのがおすすめです。

南アフリカランドについてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
南アフリカランド2020年長期見通しを金融機関4つから分析!
南アフリカランド2020年長期見通しを金融機関4つから分析!
南アフリカランド(ZAR)のスワップポイントで、長期的に不労所得が得られるチャンスかも?!南アフリカランドの為替動向や政策金利の推移について解説します。夢あふれる通貨ではありますが、一攫千金を狙って一気に大量にレバレッジをかけると地獄を見る可能性もあります。

続きを見る

南アフリカランドの取引でオススメ:SBI FXトレード

SBI FXトレード

南アフリカランドの通貨のスワップが高いのはSBI FXトレードです。

SBI FXトレードは国内のFX会社の中で唯一1通貨単位からの少額取引ができるので、初心者でもリスクを抑えて約4円という少額から始められます

また、経済指標の発表時にもスプレッドの拡大が穏やかなので、長期のスワップ運用でも証拠金維持率の管理がしやすくおすすめです。

取引スタイル4:安全なマイナー通貨を選ぶならメキシコペソ

マイナー通貨で高スワップを狙いつつ、少しでも為替変動による損失のリスクを抑えたい人は、メキシコペソがおすすめです。

メキシコペソについてはこちらの記事で詳しく解説していますよ
メキシコぺソ運用のコツ2つと高スワップでオススメ口座BEST2
この記事で解決できる悩み メキシコペソのスワップポイントが知りたい メキシコペソのメリットとデメリットが知りたい メキシコペソ向けのFX会社の選び方は? といった悩みを解決できる記事になっています。 ...

続きを見る

メキシコペソの取引でオススメ:ヒロセ通商

ヒロセ通商

メキシコペソ円を取り扱っていて、かつスワップが高いFX会社としてはヒロセ通商がおすすめです。

1,000通貨から取引が可能なので約4,000円から少額のスワップ運用ができるだけでなく、10年以上の歴史があるFX会社なので信頼性も高いです。

ヒロセ通商の代表取締役であり、外資系銀行の為替資金部営業部長の経歴もある小林芳彦氏によるマーケットナビが、初心者から上級者まで幅広く人気です。

スワップの計算まとめ

いかがでしたか?今回の記事では、「FXのスワップポイントの計算方法」を紹介しました。

最後にもう一度この記事の内容を振り返りましょう。

この記事のまとめ

  • 1年間にもらえるスワップポイントは、「為替レート×保有通貨数量×金利差」で計算できます。
  • スワップ運用の際は、「マイナススワップによる支払いのリスク」「スワップポイントはFX会社によって異なる」「スワップポイントは日々変動する」という3点に注意しましょう。
  • 通貨ペア別のおすすめFX会社としては、米ドル・豪ドルがYJFX!、トルコリラがGMOクリック証券、南アフリカランドがSBI FXトレード、メキシコペソがヒロセ通商です。

「計画的にスワップ投資がしたい」という人は、ぜひこの記事を参考にして年間のスワップポイント計算方法を身につけ、注意点も参考にしつつ運用してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
荒木 教弘

荒木 教弘

当サイト編集長。株・FXトレード歴は約10年。プログラマ経験を活かし、MT4を使った自己流のチャート分析でトレードを開始。すぐに大きく利益を出したが、それ以上の損失を出して資産を減らす、という投資初心者にありがちな失敗を経験。現在は、一回の取引に一喜一憂せず、堅実に利益を積むように心掛けてトレードを継続中。

-スワップポイント

Copyright© FXのやさしい教室 , 2020 All Rights Reserved.